4月 2nd, 2012

平成24年度の住宅用太陽光発電システム導入支援補助金が決定しました。

補助金額は、2011年度1キロワットあたり4万8000円から、
1kWキロワットあたりのシステム価格によって2段階で単価が異なる方式に変更されました。

具体的には、1キロワットあたりのシステム価格が下記の通り。

・1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のもの →  3.0万円/kWを補助

・1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のもの →  3.5万円/kWを補助

(備考)
・1kW当たりのシステム価格 = 補助対象経費 ÷ 太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値

・1kW当たりのシステム価格の算出における太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値の上限9.99kW
補助金の対象となるのは、これまで「太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値が10kW未満」
としていたものから、補助対象システムの出力上限の考え方が変更となり、「太陽電池モジュールの
公称最大出力の合計値、またはパワーコンディショナの定格出力の合計値のいずれかが、10kW未満
であること」とパワーコンディショナの定格出力の合計値の条件が加わっている。

例えば、これまでは太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値が11kWとなった場合、
住宅用補助金の対象外となっていたが、2012年度ではパワーコンディショナの定格出力の合計値が
9kWであれば、補助金の対象となることになりました。

次に、ソーラー・パネルのモジュール化後のセル変換効率の基準が改定され、補助金の対象となる機種が
以下のように変更された。

これまで補助金の対象となっていたパネルが、2012年度には対象外となる可能性もあるので注意したい。

1. シリコン単結晶系  :  16.0%以上
2. シリコン多結晶系  :  15.0%以上
3. シリコン薄膜系  :  8.5%以上
4. 化合物系  :  12.0%以上

(備考)

・上記の変換効率は以下の計算式に基づいて算出する。
・基準変換効率(%)= モジュールの公称最大出力(W) ÷  {1セルの全面積(m2) × 1モジュールのセル数(個) × 放射照度(W/m2
※放射照度 = 1000W/㎡

 

 

申込期間は平成24年4月下旬から平成25年3月下旬までとなっております。

さらに各市町村でも4月から補助金が再開しているので、有効活用して、太陽光発電の導入を検討してみては如何でしょうか?

  • admin (274)
  • gblstaff (43)
  • Leave a Reply

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    * Copy this password:

    * Type or paste password here:

    5,209 Spam Comments Blocked so far by Spam Free Wordpress

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>